現地在住者がレポート!南アフリカ共和国、ヨハネスブルグの名物5選

南アフリカ、ヨハネスブルグに移住してから「これは南アフリカでしか見ない、聞かないな」と思うものにいくつか出会いました。自分の備忘録も兼ね、今回はヨハネスブルグならではの現地名物をご紹介したいと思います!

 

■南アフリカ式バーベキュー「Braai(ブライ)」

 

 

南アフリカに住んだことのある人のほぼ100%が経験するであろうものがこの「Braai(ブライ)」です。耳慣れない言葉ですが、何かと言うとバーベキューです。肉を焼いて、食べる。まさにバーベキューなのですが、南アフリカの人たちは「バーベキュー」とは言わず「ブライ」と呼び、バーベキューと言うと「フフッ」と鼻で笑われるそうです(なぜ笑)。南アフリカでは、スーパーに売っているお肉でも安くて美味しいものがたくさんあります。私が特に感動したのが牛フィレとラム!南アフリカにいらっしゃる機会があれば、ぜひこの2つは食して帰っていただきたいです!(ブライについて詳しくはこちら

 

■ほろ苦さが大人好みのノンアルコールカクテル「ロックシャンディ」

 

 

南アフリカに移住してきた時、私は妊娠中だったのですが、妊娠中〜産後のお酒を飲めなかった時期に、レストランで必ずと言ってよいほど頼んでいたのがこのノンアルコールカクテル「ロックシャンディ」。グラスにたっぷりの氷、レモンスライスを入れ、クラブソーダとレモンソーダを混ぜたものを注ぎ、樹皮や根から作られた苦味強壮剤のアンゴスチュラ・ビターズ(Angostura bitters)を数滴加えたものなのですが、いわゆるコーラやスプライトのようなジュースの過度な甘さがなく、適度なほろ苦さがあり、レストランのドリンクメニューとして人気があります。日本に上陸したら絶対人気が出ると思うのに、なぜか知られていない南アモノのひとつです。

 

南ア独特の呼び方をするものは他にもあり、前述の通りバーベキューのことろ「Braai」、信号機のことを「Robot」、車によるサファリのことを「Game Drive」と呼んだり、独自の呼び方があっておもしろいですよね。

 

■紫煙のような美しさ!春の風物詩、“南アフリカの桜”「ジャカランダ」

 

 

南アフリカには春夏秋冬、四季がありますが、日本と比べるとその季節の移り変わりを感じにくいという印象があります。というのも、日本の場合は秋に紅葉があったり、冬には雪が降ったり、それぞれの季節の訪れを感じる風物詩がありますが、南アフリカでは気温が上下するぐらいで見た目にわかりやすい変化がないんですよね。ところが春だけは違っていて、南アフリカには「ジャカランダ」という木があって、春にとてもきれいな紫色の花を咲かせます。その美しさは日本の桜にも引けをとらないほど。桜の薄いピンク色の儚い雰囲気とは少し違って、神秘的というのがぴったりな形容な気がします。その年によって咲く時期が若干前後しますが、だいたい9月下旬〜10月中旬ぐらいが見頃でしょうか(日本の桜よりも見頃は長めなのがうれしいですね)。私が住むヨハネスブルグでもジャカランダの花を見ることはできますが、首都のプレトリアは「ジャカランダシティ」の異名を取るぐらい有名で、プレトリア在住の友人曰く見事なジャカランダ並木道がいくつもあるそうです。

 

■南アフリカ名産ルイボスティーで作るカプチーノ「レッドカプチーノ」

 

 

南アフリカはルイボスティー発祥の地。頭痛、不眠、喘息、アトピー性皮膚炎、骨粗しょう症、高血圧、アレルギー、早期老化の予防など、ルイボスティーには実に多くの効果があると言われています。南アフリカではルイボスティーのカプチーノのこと「レッドカプチーノ」と呼び、どこのレストランのメニューでも見ることができます(メニューに書いてなくても聞くとあったりします)。普通のカプチーノ同様、お砂糖を入れて飲んでも美味しいのですが、はちみつを入れて飲むのが南ア流(私は断然はちみつ派です!)。ノンカフェインなので、妊娠〜出産〜育児期は、家では水出しルイボスティー、外ではこのレッドカプチーノばかり頼んでいました。

 

■南アフリカ伝統のコットン生地「ShweShwe(シュエシュエ)」

 

 

18世紀にヨーロッパで生産された藍染めの布が南アフリカに輸入され、19世紀に入ると国内でも生産されるようになり独自のデザインへと進化したものだそうです。お土産屋さんにはこのシュエシュエを使った雑貨がずらりと並び、ポーチやランチョンマット、ミトンやエプロンなど、色とりどりのシュエシュエ小物が手に入ります。ユザワヤのような布地屋さんに行くと、1m単位で布地を購入することもできるので、好きなデザインのものを自分で作ったりしても良いですね。私は手芸の心得がないので(笑)、布地を買っていくつかのシュエシュエ小物をオーダーしてみたりしました。その時のことを書いた記事はこちら

 

他にも色々なヨハネスブルグ名物があると思うので、まだ新たなものを見つけたらレポートしたいと思います!